ほぼスロプロのパチスロ収支ブログ

パチスロの収支や立ち回りや設定判別などの解析攻略ネタなど、おもに高設定狙いで天井狙いなどのハイエナはあまりしません。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

休日スロットで勝つためには?

たまには読み物っぽいものを書いてみます。

ここ最近は休日(土日祝)スロットを避けてます。
休日でも収支アベレージはプラスなので打っても良いのですが他にやりたいこともありますし。

そして休日スロットを避ける主な理由は以下の2つ。
・平均設定が下がるお店が多い。
・打ち手(ライバル)が圧倒的に増える。

しかし休日にしか打てない人が多く一般的ですよね。
そこでそのような人が勝つためにはどうしたら良いのかを書いてみます。

まず休日スロットを避ける理由を詳しく書きます。
例としてスロット設置数が10台だとして平日の設定配分というより機械割の配分が以下だとします。
95%が8台、100%が1台、105%が1台、110%が1台、115%が1台。
4台打てば確率としては100%機械割がプラスの台を打つ機会があったことになります。
もちろん現実的には1台だけでもいきなりプラスになる台を打っているかもしれませんし、5台打ってもプラスになる台が打てないこともありえますが、確率で考えることはスロットが確率で制御された機械だけに大事なことです。

一方で休日の機械割の配分が以下だとします。
95%が8台、100%が2台、105%が1台、110%が1台、115%が0台。
こうなると機械割がプラス台を打つ確率100%にするには6台打たなければなりません。

仮に5千円ずつ打てば良い台を100%掴むまでの差は1万円です。
また打ち手が多ければ打てる台数は減ります。
さらには打ち手が多ければ良い台が見えてくるのは早いものの、それは他人に掴まれる確率が当然高くなります。
もちろん良い台ほど空きません。

ではどうすれば良いのか?

・平均設定が下がるお店が多い。
・打ち手(ライバル)が圧倒的に増える。
これを少し逆に考えてみてください。
休日でもお店やイベントなどによって良好な機械割配分である場合があります。
打ち手が多くとも開店前には誰も台に座っていないわけですから良い台にも座っていませんから開店時から打てばゼロからスタートです。

まずは良いお店を探すこと。
それも複数です。
複数でなくてはならないのは、毎回良好な機械割配分であるはずがないからです。
お店とイベントの良し悪しを判断する主な内容としては以下が良いと思います。
ホームページやメールなどの告知内容、ゲーム数とボーナス回数などのお店の実状、それら内容と実績の比較。
また打ち手の混雑具合。
そういったことを少なくとも1つのお店につき2回以上見ること。
さらに見るお店の数は20店舗以上とする。
そこまでするか?と思う人が多いかもしれませんが、1つのお店で1日打つのは本当に良い台だと思える台を掴んだ日だけにして、そうでなければ早々にそのお店は切り上げ、いろんなお店の様子を見に行くべきです。
足で稼ぐという意味でも、いろんな台、いろんなお店を見て回っていたら、設定6以上の確率で当たっている空き台があるかもしれません。
これは仕事がある日に夜から打ち出す場合にも有効です。

また良いお店は、機械割配分がより良く、打ち手が少ないことが理想になります。
しかし機械割配分が良ければ打ち手は多くなり、打ち手が少なければ、信頼に欠ける機械割配分が悪いお店になりがちです。
ただし機械割配分が良くとも、お店の立地や知名度などによって打ち手の数は異なります。
また打ち手が多くとも客層的によっては知識や技術レベルを上げることで頭一つ出ることは可能です。
そういったことも含めて自分にあった良いお店を見つけましょう。

またお店のメール会員には積極的に登録しておくべきです。
告知内容とお店の実状を比較するためにも不可欠です。
またお店同士の比較としても役立ちます。
ある程度は告知内容とお店の実状の様子を見て、行くことはないと思ったらメール会員は解除します。
ケータイでメール会員登録すればリアルタイムに情報を得ることで得することもありますが、多くのメールをケータイで受信するのはわずらわしいので、まずはPCで登録するのが良いかもしれません。
PCのメールはスロット店からの専用アドレスとしてフリーメールなどを利用すると便利かもしれません。
良いお店だと判断してから改めてケータイでもメール会員になればよいと思います。
それと少し告知による良し悪しの具体例を上げておきます。
・全機種に設定6投入
・全機種に高設定投入
※後者は設定4以上が約束された内容なので前者の方が良い。
・○○(6台設置の機種)に設定6投入
・○○(6台設置の機種)オール設定
※前者は設定6以外は設定1の可能性が高くその通りだとすれば平均設定1.83、後者は明確に平均設定3.5なので後者のほうが良い。
もちろんガセ告知もありえますのでお店の実状も含めて良し悪しを判断しましょう。

さらに陥りやすい好ましくない立ち回りがあります。
主には以下の2つではないでしょうか。
・開店時から打てる日なのに開店時から打たない
・1つのお店にばかり行ってしまう
開店時から打てる日なのに開店時から打たないのであれば足で稼ぐというより情報収集だけに徹するくらいのつもりでお店を回ったほうが良いでしょう。
他にやることがあるのであれば、朝から打って良い台が掴めなかった時ダラダラ打たずに早々にヤメてその後の時間にするなど時間の使い方を変えるべきです。
逆に朝から打てないのであれば勝つ為には足で稼ぐしかないでしょう。
また1つのお店にばかり行ってしまうのは事情を把握する意味では良いのですが、そのお店が毎日良いはずがありません。
もしくは日によってはもっと良いお店が必ずあります。
別の切り口でいえば良いお店にはそのお店に住み着いているようなプロがいるはずです。
1つのお店で打つというメリットはそのようなプロにとって有利なものであって1つのお店に通うといっても休日だけでは不利です。
複数のお店を広く浅く知っていることでもっとも良いお店選びをして、開店時から打つことでゼロからスタートすることです。
プロはお店のクセを知り良い台を掴む確率を上げています。
ただ見てきた経験では同じお店で朝一から一発で良い台をほぼ手中に収めているようなプロは見たことがありません。
ようするにものすごくズバ抜けているかといえばそうでもありませんし、お店のクセはプロでなくとも、先に書いたようにお店を見ることである程度は見えてくるものです。
また知識や技術レベルはプロと素人でものすごい大差があるわけではなく、その人が勉強してるかどうかでです。
打ち始めてからの立ち回り、他台の挙動や状況の観察力、お店の設定配分の読み、行動の甘さなどなど総合的に違いはあっても、知識があれば良い台はわかりますし、良い台を掴んだらヤメなければ他人にその台が奪われるわけではありません。
犯罪を犯すような打ち手がいればそのお店にいれば話は別ですが。。。

ここに書いたことはもちろん平日でも同様なことがいえることも多くあります。
そしてここに書いたことをより多くさらにはそれ以上に実践することで勝率や収支は上がるはずです。
スロットの面白味が増したり、スロット攻略の一助となればうれしく思います。


P.S.
この記事書くのに2時間近くかかってる(苦笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://asoboo.blog77.fc2.com/tb.php/322-d717197a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。